Reactを学べるプログラミングスクールのおすすめ3校

プログラミングスクールでプログラミングを勉強する人が増えることに伴い、プログラミングスクールも増え続けています。
そのため、Reactを学べるプログラミングスクールを選んだり、転職や独立のサポートなどの支援が充実してるプログラミングスクールを比較したりするのはとても大変になりました。

しかし、Reactを学ぶのに適しているプログラミングスクールは、CHATY(チャティ)Code Village(コードビレッジ)tech boost(テックブースト)の3つだけです。

現役のReactエンジニアのりーほーが初心者だったら、この3つのプログラミングスクールの中から選んでReactを学びます。

これらのスクールでReactをマスターすると転職にもフリーランスとしても強いエンジニアになることができます。

目次

プログラミングスクールでReactを学ぶメリットやおすすめ理由

プログラミングスクールでReactを学ぶメリットやおすすめ理由

人気のJavaScriptライブラリであるReactは書籍で独学をする人もいますが、Reactをまだ学んでいない人にとってReactを学ぶメリットやおすすめの理由を紹介します。

Reactは世界中の人気WEBサービスでも使われる人気のJavaScriptライブラリ

Reactは世界中のWEBサービスで使われている人気のJavaScriptライブラリです。

なぜならReactは優れたUI/UXを構築することができユーザーにとって使いやすいサービスを構築することができます。
また、バックエンドとフロントエンドの役割分担がわかりやすくなったり、シンプルなサーバーを構築でよくなったりシステム全体がシンプルになるので、エンジニアにとっても使いやすいです。

Reactが使われてるWEBサービスの一部を次に紹介します。

  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • Netflix
  • Airbnb
  • Dropbox
  • Paypal

誰もが一度は使ったことがある人気のWEBサービスでReactは使われています。

転職もフリーランスとしても活躍しやすい

WEBサービスやアプリの開発でReactは非常によく使われるので、求人や単発の仕事が常に多く募集されています。

転職では実際にIT転職エージェント・レバテックキャリアでReactエンジニアの求人を検索してみると1272件(2022年2月現在)の求人があります。

年収はおよそ600万円〜800万円からとなるところが多いです。

フリーランスとしての単発の仕事ではクラウドワークスで実際に検索してみるち491件の仕事がありました。

時間単価制の仕事だと3,000円〜5,000円の仕事が多いです。

また、世界中でRectを使ってWEBサービスを開発しているので海外の仕事を受注することもできます。

Reactをマスターすると転職にもフリーランスとしても強いエンジニアになることができます。

世界中のエンジニアが開発しているから情報が豊富

世界中のエンジニアがReactで開発をしているので、エラーが起きてもすぐに解決方法を見つけることができます。

日本語でも非常に多くReactの情報を得ることができますが、世界中のエンジニアが開発してるため英語の情報も豊富にあります。

英語が苦手な人でもGoogle翻訳やDeepL翻訳を使えばすぐに日本語に翻訳できるので言語の障害はありません。

失敗しないプログラミングスクールの選び方・比較ポイント

失敗しないプログラミングスクールの選び方・比較ポイント

今では数多くのプログラミングスクールができましたが、Reactを学ぶためにスクールを比較するときはコツが必要です。

そこでReactをプログラミングスクールで学びたい人向けにスクールの選び方や比較ポイントをご紹介します。

Reactを専門的に学べるカリキュラムがあるか確認

プログラミングスクールではさまざまなコースがありますが、そのコースの中の一部でReactを学ぶだけではReactエンジニアして活躍できません。

React専用のコースかカリキュラムを組んでくれるプログラミングスクールでReactを本気で学ぶ必要があります。

そのため次のプログラミングスクールはReactを学ぶのに適していません。

  • DMM WEBCAMP
  • テックアカデミー
  • コードキャンプ
  • テックキャンプ
  • GEEK JOB

卒業後に就職・転職の場合はキャリア支援内容を比較

卒業後にReactエンジニアとして就職・転職をしたい場合は次のような支援が充実したプログラミングスクールがおすすめです。

  • 求人・企業紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策

これらの支援に加えて転職保証がついていれば良いです。

また、就職・転職活動でポートフォリオ(制作物)を見せると、企業側は何をどこまでできるのかわかりやすいのです。
そのためポートフォリオはReactの開発スキルをアピールするのに有利なので、ポートフォリオの制作サポートがあるプログラミングスクールは就職・転職に強くなるのでおすすめです。

プログラミングスクールの説明会やカウンセリングに参加して自分の目で比較

プログラミングスクールの公式サイトやネットの口コミ・評判も参考になりますが、複数のプログラミングスクールの説明会を実際に受けて自分の目て見て肌で感じて比較することが大切です。

ここを怠ってしまうとプログラミングスクールが良くても「自分との相性が悪くReactの学習をやめてしまった」となる可能性があります。

そうなってしまうとプログラミングスクールの料金の数十万円がなくなってとてももったいないので、面倒ですが複数のプログラミングスクールの説明会を実際に受ける価値はあります。

「自分とプログラミングスクールの相性が悪かった」とならないためにも、複数のプログラミングスクールの説明会を実際に受けて、自分の目で見て肌で感じて比較することが大切です。

Reactの学習とエンジニア転職におすすめのプログラミングスクール

Reactの学習とエンジニア転職におすすめのプログラミングスクール

Reactのスキル習得で失敗しないプログラミングスクールの選び方・比較ポイントを紹介しました。

おすすめのプログラミングスクールの簡易比較表は次の通りです。

スクール名受講料金受講期間受講形式キャリアサポートメンタリングポートフォリオ制作
CHATY(チャティ)受講料:税込547,800円
入会金:税込110,000円
フルタイムプラン (3ヶ月)
夜間休日プラン (5ヶ月)
オンライン完結ありありあり
Code Village(コードビレッジ)税込495,000円6ヶ月オンライン完結ありありあり
tech boost(テックブースト)受講料:¥32,780/月
入会金:219,780円
3、6、12ヶ月で選択オンライン完結ありありあり
Reactを学べるプログラミングスクールの簡易比較表

以下でおすすめのプログラミングスクールを詳しくご紹介します。

CHATY – Reactでアプリエンジニアを目指せる

chaty
出店:CHATY

CHATY(チャティ)はReactでアプリエンジニアを目指せるプログラミングスクールです。

CHATYではReactでアプリを作るフロントエンドだけでなく、サーバーサイトやデータベース設計などのバックエンドも学ぶことができます。

フロントエンドとバックエンドを開発できるアプリのフルスタックエンジニアのスキルを獲得することができます。

受講料金税込657,800円(受講料+入会金)
受講料:498,000円(税込547,800円)
入会金:100,000円(税込110,000円)
受講期間フルタイムプラン (3ヶ月)
夜間休日プラン (5ヶ月)
受講形式オンライン完結
キャリアサポート転職や独立のためのキャリアカウンセリングを実施
独立or転職できない場合全額返金
メンタリングマンツーマンメンタリング
ポートフォリオ制作あり
CHATY(チャティ)の特徴

Reactでアプリエンジニアを目指せる!
初心者・未経験者でも大丈夫
独立・転職できない場合は全額返金

カウンセリングの申込みは1分で完了!
毎月8名様限定、50,000円OFFキャンペーン

Code Village – Reactをしっかり学べる!

Code Village

Code Village(コードビレッジ)はプログラミングスクールでは珍しくJavascript特化型のプログラミングスクールです。

そのためReactの学習がしっかりとカリキュラムに組み込まれているので、Reactをマスターすることができます。

受講料金495,000円
受講期間6ヶ月
受講形式オンライン完結
キャリアサポートひとりひとりに合わせた
キャリア・転職サポート
メンタリングマンツーマンメンタリング
Code Village(コードビレッジ)の特徴

Reactをしっかり学べる!
Javascript特化型のプログラミングスクール
ひとりひとりに合わせたキャリア・転職サポート

申込みはかんたん30秒!
自宅でプログラミング学習のプロに相談

tech boost – オーダーメイドカリキュラムでReactを学ぶ!

tech boost

tech boost(テックブースト)はオーダーメイドカリキュラムのプログラミングスクールです。

そのため、カウンセリングのときに「Reactをマスターしたい!」という意思表示をすると、Reactをマスターできるようなカリキュラムをtech boostが組んでくれます。

また、tech boostはメンターによるマンツーマンメンタリングに定評があります。
わからないところなどの問題解決やポートフォリオ作成のアドバイスなど現役エンジニアのメンターがフルサポートしてくれます。

受講料金受講料:¥32,780/月
入会金:219,780円
受講期間3、6、12ヶ月で選択
受講形式オンライン完結
キャリアサポート転職・独立のプロのエージェントが手厚くサポート
メンタリングマンツーマンメンタリング
ポートフォリオ制作あり
CHATY(チャティ)の特徴

オーダーメイドカリキュラムでReactを学ぶ!
初心者・未経験者も大歓迎
現役エンジニアのメンターがあなたをサポート

申込みは30秒!
tech boostの運営会社はBranding Engineerで転職に強い

まとめ

Reactを学べるプログラミングスクールを選ぶ際には失敗しないために以下の選び方や比較ポイントを参考にしてください。

  • Reactを専門的に学べるカリキュラムがあるか確認
  • 卒業後に就職・転職の場合はキャリア支援内容を比較
  • プログラミングスクールの説明会やカウンセリングに参加して自分の目で比較

これらの条件に合ったプログラミングスクールを以下の表にまとめました。

スクール名受講料金受講期間受講形式キャリアサポートメンタリングポートフォリオ制作
CHATY(チャティ)受講料:税込547,800円
入会金:税込110,000円
フルタイムプラン (3ヶ月)
夜間休日プラン (5ヶ月)
オンライン完結ありありあり
Code Village(コードビレッジ)税込495,000円6ヶ月オンライン完結ありありあり
tech boost(テックブースト)受講料:¥32,780/月
入会金:219,780円
3、6、12ヶ月で選択オンライン完結ありありあり
Reactを学べるプログラミングスクールの簡易比較表

プログラミングスクールが良くてもあなたとの相性が悪く挫折すると数十万損失してしまいます。

そうならないためにも気になるスクールがあれば説明会やカウンセリングを実際に受けて、自分の目で見て肌で感じて相性も含めて比較することが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

エンジニアを目指す方必見!おすすめプログラミングスクール

最短でエンジニアになるには、いかに効率よく学習するかが重要です。モチベーションを維持しながら最短でエンジニアを目指すならプログラミングスクールを利用するのもおすすめです。

目次
閉じる