React

React

material-tableのexportCsvを使って出力をカスタマイズする

この記事ではmaterial-tableのexportCsvを使って出力するCSVをカスタマイズする方法をご紹介します。 exportCsvは出力するCSVの内容を変更できるオプションプロパティです。 Function to ...
React

Cannot invoke an object which is possibly ‘undefined’.

このエラーは「オブジェクトが渡されてないかもしれないのに、オブジェクトが必ず渡されたかの扱うことはできないよ」という意味です。この記事ではこのエラーの解決方法を2通りご紹介します。
React

【Next.js】useSWR()でPOSTする

useSWR()を使ってデータの取得方法と同じような方法でPOSTすることはできますが、その方法はオススメできません。この記事では「useSWR()を使ってPOSTする方法とそれがオススメできない理由」と「オススメのPOSTの方法」をご紹介します。
Laravel

【Next.js】axiosを使ってSWRで取得する

Next.jsのSWRでデータを取得するときのfetcherをaxiosを使った方法をご紹介します。axiosをuseSWR()の第2引数に入れるだけでは使い勝手の悪いデータが返ってきます。しかし、少し工夫することでシンプルで可読性の良いデータを返すようになります。
React

React Hook Form v7でMaterial UI v4のフォームを制御する

React Hook Form v7でMaterial UI v4のフォームを制御する方法をご紹介します。TextFieldやRadio、Selectは素直に動いてくれますが、Checkboxはちょっとしたコツ、工夫が必要です。
React

React Hook Form v7でMaterial UI v4のCheckboxを制御

React Hook Form v7でMaterial UI v4のCheckboxの「初期値(デフォルトチェック)に対応」「チェックボックスの値の変更を制御」「Checkboxグループを設置(同じnameで複数設置)」を制御するサンプルコードをご紹介します。
React

TypeError: _this.props.onChangePage is not a function

material-tableのページネーションをクリックするとエラーが出るようになりました。原因はmaterial-ui v4.12.2以降でTablePaginationのonChangePageが削除されたからです。この記事では原因と解決方法をご紹介します。
React

Next.jsとMaterial-UIのLinkを併用する方法

Next.jsのLinkとMaterial-UIのLinkは通常併用できません。しかし、ちょっとした工夫でこれらを併用できます。Next.jsのLinkとMaterial-UIのButtonを併用する方法が紹介されているブログがありますが、この記事ではNext.jsのLinkとMaterial-UIのLinkを併用した方法をご紹介します。
React

Next.jsでmaterial-tableを使う

Next.jsとmaterial tableはとても使い勝手がいいので僕はよく使います。しかし、これらは相性が悪く、Next.jsでmaterial tableは素直に動いてくれません。今回はNext.jsでmaterial tableを使う際のハマりポイントとその解消方法をご紹介します。
React

[javascript][jQuery]オブジェクトをURLパラメータに変換

javascriptでURLパラメータをまとめたオブジェクトをURLパラメータに変換する方法をご紹介します。ES2017記法やjQeryを使用するとシンプルなコードでオブジェクトをURLパラメータに変換できます。
タイトルとURLをコピーしました