りーほー

React

material-tableのexportCsvを使って出力をカスタマイズする

この記事ではmaterial-tableのexportCsvを使って出力するCSVをカスタマイズする方法をご紹介します。 exportCsvは出力するCSVの内容を変更できるオプションプロパティです。 Function to ...
Django

Djangoのchoicesフィールドのリストを取得する

この記事ではDjangoのModelで定義したchoicesをviewで取得する方法をご紹介します。 viewで取得したあとはロジックに使用したり、テンプレートに渡したりできます。 まずは、モデルで以下のようにchoicesフ...
Django

Django REST frameworkのSerializerでユーザー情報を取得する

Django REST framework(以下、DRF)のSerializeでユーザー情報を取得する方法をご紹介します。 この記事でのご紹介する取得する方は contextから取得CurrentUserDefaultから取...
Laravel

Laravelを使ったAPIサーバーでメールアドレス認証を実装する

この記事ではLaravelを使ったAPIサーバーでメールアドレス認証を実装する方法をご紹介します。MustVerifyEmailインターフェースを実装することでメール送信工程が省けるたりしてメールアドレス認証機能が手軽に作れます。
React

Cannot invoke an object which is possibly ‘undefined’.

このエラーは「オブジェクトが渡されてないかもしれないのに、オブジェクトが必ず渡されたかの扱うことはできないよ」という意味です。この記事ではこのエラーの解決方法を2通りご紹介します。
React

【Next.js】useSWR()でPOSTする

useSWR()を使ってデータの取得方法と同じような方法でPOSTすることはできますが、その方法はオススメできません。この記事では「useSWR()を使ってPOSTする方法とそれがオススメできない理由」と「オススメのPOSTの方法」をご紹介します。
Laravel

【Next.js】axiosを使ってSWRで取得する

Next.jsのSWRでデータを取得するときのfetcherをaxiosを使った方法をご紹介します。axiosをuseSWR()の第2引数に入れるだけでは使い勝手の悪いデータが返ってきます。しかし、少し工夫することでシンプルで可読性の良いデータを返すようになります。
Laravel

Laravel でtwitterのフォロー機能を実装する

Laravelでtwitterのフォローのような機能を作る時はパッケージをcomposerでインストールして実装する方法があります。しかし、パッケージを使用しなくてもフォロー機能を簡単に作成できます。今回はLaravel 8.xにおいてフォロー機能の実装方法をご紹介します。
Laravel

Laravelでリレーションの外部キーにnullを許可する

この記事でLaravelのリレーションで外部キーにnullを許可する以下の2つの方法をご紹介します。 バージョンに関係ない共通の書き方Laravel >= 7.x でforeignId()を使う方法 Laravel >= ...
Laravel

EC2のLaravelにintervention/imageをインストール

あるウェブサービスで容量の大きい画像(2〜数十MB)の画像加工をして保存するロジックで、 「500 リクエストを処理できません。」 とエラーが出て画像を加工・保存できないことがあります。 この記事ではLaravelでin...
タイトルとURLをコピーしました